プロジェクト発信型英語プログラム

山下美朋

学歴

  • 関西外国語大学(外国語学部米英語学科)
  • 立命館大学(言語教育情報研究科)

専門分野

[英語教育、英語ライティング、学習者コーパスによる言語分析]

英語教育なかでも「英語で書く」指導に興味があります。発話とは異なり、「書く」という表現活動はじっくり考えて表すもの。書き手の本心が見えてきます。そこにじっくりつきあって英語という外国語でどう表現するかを学生と一緒に考える過程が好きです。言葉はその背景となる文化によって表現方法が異なりますが、日本語を使うときには日本語らしく、英語(その他の外国語も)を使うときは英語らしく、適切な表現ができるようなバイリンガル(トライリンガル?)な書き手になってほしいと願っています。

 

研究論文・発表

現在取り組んでいるプロジェクト

  • 英作文の論理構成を可視化するシステムの構築(2015-)
  • 日英対照誤用研究

学生へのメッセージ

学生のみなさんにとって最初に学んだ外国語は英語でしたか?私の場合は英語ではなく、中学時代を過ごしたブラジルでの「ポルトガル語」でした。日本人学校で、英語とポルトガル語を同時に学んだのですが、英語と違って人称によって異なる動詞の変化を覚えるのに苦労しました。現地校との交流も盛んで、サンバを教えてもらい(覚えているのはポ語ではなくサンバかも?)、多感な頃の私にはとても刺激的な経験でした。多分、言葉を学びたいと思ったのはブラジルの経験が大きいと思いますが、大学で英語を学び、その後は英語を教えながらもツアーガイド、通訳など様々な経験をしてきました。それらの経験そのものが楽しかったことは間違いないのですが、「英語」によってつながる人との出会いや、新たに広がる世界は間違いなく人生を豊かにしてくれます。みなさんもこの授業を通して、自分の世界をもっと広げてください。

 

 

PAGETOP